日本のカジノ法案のニュースって知ってますか?
オンラインカジノプレイヤーなら聞いたことがある方、またはニュースを確認しているって方も多いはず?!

日本には、パチンコや競馬、ボートレース、競輪、宝くじなど賭博ができる施設はいろいろとありますが、カジノ法案で日本のギャンブルはどう変わっていくのか、オンラインカジノへの影響はあるのかなど疑問は尽きませんよね。

実際、ベラジョンカジノプレイヤーの間でも「難しい単語が多くていまいちどうゆう法案のなのかわからない」、「オンラインカジノに関係ある法案なの?」などといった疑問の声を聞くことが多いんです。

今回は、気になること盛りだくさんの日本で注目を集めるカジノ法案の詳細とオンラインカジノ(特にベラジョン)との関係についてベラジョンJPが独自にまとめて、しっかり解説しちゃいます。

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!

日本のカジノ法案についての基礎知識を4項目で蓄えていきましょう!

  1. カジノ法案の基礎を知っていこう
  2. 目的を知っていこう
  3. IR(統合型リゾート)を知っていこう
  4. 候補地を大公開♪

※気になるオンラインカジノとの関係から読みたい方は、目次から「日本のカジノ法案のオンラインカジノへの影響について知っていこう」をクリックしてください。

では、それぞれの詳細をわかりやすく説明していきます。

日本のカジノ法案を考える①カジノ法案の基礎を知っていこう

カジノ法案と呼ばれる「IR整備推進法案」についての基礎知識を深めていきましょう。

まず、カジノ法案の正式名称は、『特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律』で、2016年末に国会で可決された統合型リゾートの建設を進める基本法のことです。
ざっくりいえば、『日本に統合型リゾートを建設しましょう。』って感じですね。

なので、カジノ法案は、日本のギャンブルについての法案ではなく、ランドカジノを含む統合型リゾートを作るための法案。

オンラインカジノに対する規制ではないので、ライセンスのあるオンラインカジノを健康的で安全に利用するのであれば、基本的に問題なし!
ライセンスを取得しているベラジョンで遊んでいるプレイヤーは心配ないってことになっちゃいますね。
※「日本のカジノ法案のオンラインカジノへの影響」は後ほど詳しく説明します。

日本のカジノ法案を考える②目的を知っていこう

カジノ法案は、日本に統合型リゾートを建設することでの財政回復を目的としています。

しかし、やっぱり統合型リゾートにはランドカジノが含まれるため、不安視する声も多いことは事実!
そこで、しっかりルールを定めて運営しようということでこの法案の中には、カジノの利用に関することも多く記載されているため、『カジノ法案』とも呼ばれているんです。

大きな目的は、海外からの観光客アップでの経済効果なのでカジノはその一環って感じですね。

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!

日本のカジノ法案を考える③IR(統合型リゾート)を知っていこう

カジノ法案の名前にもあるIRとはIntegrated Resort(インテグレートリゾート)の略であり、統合型リゾートという意味です。

統合型リゾートとは、主に・・・

  • カジノ
  • レストラン
  • ショッピングモール
  • ホテル
  • スパ
  • 国際展示場や会議場など
  • 映画館、プール、劇場などの娯楽施設

などが含まれた施設で、カジノ好きのギャンブラーだけでなく大人から子供まで趣味の違う方たちも楽しめる場所なんです。

日本にはまだない統合型リゾートは、日本人にはなじみが薄いかもですが、世界には統合型リゾートがたくさんあります。

続いては、カジノ法案によって日本に建設予定のIRを具体的にイメージするために、世界にあるIRについて見ていきましょう!

カジノ法案で注目される世界にあるIR(統合型リゾート)を見ていこう

世界のIR(統合型リゾート)があるところと言えば、下記5か所が有名です。
多くの観光客の方がこの地名を聞くと、リゾートやカジノが浮かべるほど成功した有名な統合型リゾートをちょっと覗いてみましょう。

  • ラスベガス(アメリカ)

カジノ法案で注目される世界にあるIR1

最も有名なランドカジノの聖地といえば、ラスベガスです。
ランドカジノが付いたホテルが多くあり、映画で見たことあるという方も多いのはず。
カジノのある統合型リゾートの定番なので、ギャンブラーなら人生で一度は行ってみたい場所ですよね。

  • モナコ

カジノ法案で注目される世界にあるIR5

ヨーロッパで豪華なリゾート気分を味わうなら、モナコ!
統合型リゾートも宮殿のように品があって、地中海を見ながらカジノを楽しめるスポットも!
カードゲームの多くはヨーロッパで生まれたものが多いので、優雅にカジノの本場気分を味わいたい方は行くべきですね。

  • マカオ

カジノ法案で注目される世界にあるIR2

アジア最大のカジノの収益を誇るのが、マカオ!
有名な「ヴェネチアン・マカオ」はホテルの中にゴンドラが浮かぶ、スケール感デカめの統合型リゾートです。
ランドカジノも豪華で広いので、一日では遊びつくせないほど多くのテーブルが並んでいます。

  • ソウル(韓国)

カジノ法案で注目される世界にあるIR9

日本から一番近くランドカジノをプレイできる場所といえば、ソウル!
仁川空港の近くにある韓国最大級の統合型リゾート「パラダイスシティ」は、大きなランドカジノ以外にもアジア随一のクラブや、スパがあると人気です。

  • シンガポール

カジノ法案で注目される世界にあるIR4

今アジアで最高にアツい統合型リゾート「マリーナ・ベイ・サンズ」があるのが、シンガポール!
船が乗ったデザインで有名なホテルですが、実は世界のブランドが揃うショッピングエリアや、最上階の絶景のプールや世界中のごはんが堪能できる絶品レストラン、世界トップクラスのショーも楽しめるシンガポールの代表的な統合型リゾート!

そして、シンガポールはラスベガス、マカオの次にカジノの収益が高く、IRで観光収入のアップに成功した国としても有名なんです。

アジアで人気急上昇の国、シンガポールのIRこそが、カジノ法案で今日本がお手本にしているモデル!
日本もシンガポールのように観光客大幅アップするような統合型リゾートの建設を目指すってことですね。

日本のカジノ法案を考える④IR候補地を大公開!

カジノ法案が成立し、早速日本初のカジノ付き統合型リゾートを建設!となった場合、どこに建つのか気になりますよね!

当初は多くの自治体が立候補していたのですが、様々な理由で多くの候補地が誘致計画を中止し、今は下記7つの自治体のみとなっています。

『IR候補地リスト』

  1. 台場(東京)
  2. 横浜(神奈川)
  3. 名古屋(愛知)
  4. 常滑(愛知)
  5. 夢洲(大阪)
  6. マリーナシティ(和歌山)
  7. ハウステンボス(長崎)

この中で現在の3強有力カジノ候補地は、夢洲、横浜、ハウステンボスの3つです。
※状況が変わる場合もあるので、気になる方は最新ニュースを確認してみてくださいね。

それでは、気になる3強候補地の強みを見ていきましょう。

現在の3強有力カジノ付きIR候補地1

現在の3強有力カジノ付きIR候補地①夢洲(大阪府)

現段階での最有力な候補地が、「夢洲(大阪府)」です!

夢洲は2025年に行われる万博の開催地であり、統合型リゾートの建設予定地でもあるんです。
世界中からの観光客もアップする万博開催時にIRが完成していればカジノを含む統合型リゾートの利用客は間違いなく増えるので、大きな収益が見込めますね。

大阪の場合、関西国際空港があることや都市の規模が大きいこと、また夢洲は梅田やユニバーサルスタジオジャパンにも近いので、観光客にとってうれしい立地ですよね。
大阪のIRは「スマートIRシティ」をテーマに、最先端の技術を駆使し、環境に配慮した未来都市を目指しています。

※最近のニュース※
新型コロナなどの情勢の影響で大阪万博が開かれる2025年の全面開業は難しいと判断されているため、今後計画が変わっていく可能性もあります。

現在の3強有力カジノ付きIR候補地2

現在の3強有力カジノ付きIR候補地②横浜(神奈川県)

大阪と激戦を繰り広げる候補地といえば、「横浜(神奈川県)」です!

横浜は、大阪と同じく羽田空港という国際空港が近くにあり、港に海外からのクルーズ船も多く停泊するため、観光客の利便性は申し分なし。
しかし、横浜はカジノを含む施設への反対の声も多いみたいです。

また、菅総理大臣の地元ということも大きなポイントで、政府からの後押しが強いことでも注目の候補地なんです。
横浜のIRは「横浜イノベーションIR」という世界でも認められる統合型リゾートを目指しています。

※最近のニュース※
2021年8月22日に投開票された横浜市長選で、カジノを含むIR誘致に反対派の山中竹春氏が初当選しました。
これにより、横浜のIR誘致は中止となる見通しです。

現在の3強有力カジノ付きIR候補地3

現在の3強有力カジノ付きIR候補地③ハウステンボス(長崎県)

九州から名乗りを上げた有力候補地といえば、「ハウステンボス(長崎県)」です!
長崎県は、立地的に中国、韓国、台湾などアジア諸国と近く、利便性も高いので立地的には、こちらも申し分なし。
現段階で地域住民のカジノへの反対意見より賛成意見が多いことも有力候補地となった大きな理由です。

都市部ではなく地方に建設することで、地方活性化の大きな可能性も秘めていることは政府からしても魅力的ですよね。

また、ハウステンボスというすでにあるテーマパークに建設するため、初期投資が少なく、広い土地を利用してシンガポールやマカオに匹敵する大規模な統合型リゾートが建設されることでしょう。

この3つの候補地の中でここに建ってほしいと思うところはありましたか?
今後の情勢で候補地も変わっていく可能性はありますが、今後の最終候補地発表が待ちきれないですね♪

ここまでが、日本のカジノ法案の基礎知識となります。
だんだん日本のカジノ法案がどんなものなのかわかってきましたか?

ここからは、そんな日本のカジノ法案のメリットや反対されている理由、対策について知っていきましょう。

日本のカジノ法案のメリットについて知っていこう

日本のカジノ法案を基に、カジノ付き統合型リゾートが建設さることで生まれる3大メリットを紹介していきます。

  1. 観光やカジノによる経済効果
  2. 雇用促進
  3. インフラ整備などでの地域の活性化

それでは、それぞれの詳細を確認していきましょう。

日本のカジノ法案のメリット①観光やカジノによる経済効果

一番大きなメリットは何と言っても、「観光やカジノによる経済効果」ですね!

カジノ法案の目的でも説明したように観光客の増加による経済効果が大きな目的なので、カジノを含む統合型リゾートが建設されることで、海外からの観光客増大が見込めます。
また、統合型リゾートは、カジノ、ショッピングモール、レストラン、ホテルなどがある一つの都市のような施設なので、ここから生まれる経済効果は、普通のリゾートとは桁違い!

2030年までの訪日外国人観光客数の目標は、年間「6000万人」と政府が掲げているので、IRからの観光客が生み出す莫大な経済効果には期待大です。

日本がお手本にしているシンガポールでも、カジノを含む統合型リゾートができた2010年の観光収入は約1兆2,000億円でした。
この観光収入は伸び続け、2019年には約2兆円へと膨れ上がっているんです。
やはりカジノを含むことで、観光収入が増大していることが大きな要因ですね。

日本政府は、カジノ法案での1つのIR候補地での経済効果を年間9,700億円と試算しています。
この数字が夢の数字ぢゃないことは、シンガポールを見ていればわかりますよね。

日本のカジノ法案のメリット②雇用促進

カジノ法案により、カジノを含む統合型リゾートができることで増えるものは、経済効果だけではありません。
もちろん、雇用も増えます!

カジノを含む統合型リゾートと想像するだけでも多くの人が働いている姿を思い浮かべると思います。
建設後に統合型リゾートで働く人だけではなく、カジノを含む統合型リゾートの建設を始め、維持までで必要と予想される労働力は、約10万以上!
きっと日本の雇用難回復にも役立つでしょう。

日本のカジノ法案のメリット③インフラ整備などでの地域の活性化

カジノ法案によってカジノを含む統合型リゾートが建設されれば、周辺のインフラ整備により、地域の活性化も進んでいきます。

統合型リゾートに来た観光客がその他地域へと旅行にでかける可能性も大きいので、周辺地域だけではなく、日本全体の観光業を盛り上げてくれることもメリットなんです。

日本のカジノ法案が反対される理由について知っていこう

日本のカジノ法案が反対される理由

日本のカジノ法案は、ワクワクするようなメリットばかりというわけではないんです。
この統合型リゾートには、カジノ施設が含まれるので、そこに対する反対意見が多くあることは事実です。
それでは、カジノ法案が反対される3大理由を紹介していきます。

  1. ギャンブル依存症の増加
  2. 治安の悪化
  3. マネーロンダリング

早速、3つそれぞれの詳細を確認していきましょう。

日本のカジノ法案が反対される理由①ギャンブル依存症の増加

カジノ法案で一番懸念されていることは、「ギャンブル依存症の増加」です。

日本には、パチンコや競馬などの合法とされるギャンブルがいくつかありますが、日本国内のギャンブル依存症またはその疑いがある方は諸外国と比べて比較的多いため、カジノを誘致することによりギャンブル依存症の人が増えるのではと予想されています。

しかし、あくまでカジノを含む統合型リゾートは、海外の観光客を多く取り込むために建設されるため、政府も日本国民にギャンブル依存症の方がこれ以上増えないための対策を考えているはずです。

日本のカジノ法案が反対される理由②治安の悪化

カジノを含む統合型リゾートが建設されることでの地域住民の懸念点で多いのが、「治安の悪化」です。

統合型リゾートにはカジノが含まれるため、どうしてもイメージ的に反社会的勢力との関りを疑う人も少なくないんです。
そして、ギャンブル依存症、金銭のトラブル、喧嘩が増え、犯罪増加するのではと治安悪化を心配する声も多数。

政府には安全安心な地域の治安維持への政策が求められています。

日本のカジノ法案が反対される理由③マネーロンダリング

カジノを含む統合型リゾートは世界中にありますが、海外で大きな懸念点となっているのが、「マネーロンダリング」です。

マネーロンダリングとは、不法に得たお金をチップやギフト券などに換金し、合法的に得たお金に変えることです。
例:複数の偽造口座内でお金を回し、出所をわからなくするなど

マネーロンダリングは犯罪ですが、カジノがマネーロンダリングに利用されることが多いんです。
なので、犯罪を犯さないようカジノ側でも政府と連携してマネーロンダリングを防ぐ対策を設ける必要があります。

カジノ法案が反対される3大理由を見てきましたが、ここからはこれに対する対策計画について知っていきましょう。
しっかりした対策があれば、安心度もアップ!

日本のカジノ法案の反対理由への対策について知っていこう

日本のカジノ法案の反対理由への対策

カジノ法案では、上記反対理由に対し、どのような対策が計画されているのでしょうか。
誘致されるIR建設地域の方が、不安なく安心安全に暮らせるように対策は必須ですよね。
しっかり見ていきましょう。

  • カジノ入場に対する年齢制限導入:20歳以上の方のみ入場できます。

  • カジノ入場時のマイナンバーでの身元確認導入

  • カジノ入場時に顔認証システムを導入

  • 入場制限を導入:3回(1週間)、10回(1か月)まで

  • 自己申請や家族から申請があれば入場制限ができる制度の導入

  • 日本在住者への入場料徴収:6,000円

  • カジノチップの購入方法からクレジットカードを外す

  • IR区域以外での広告掲載を制限する制度の導入

  • ギャンブル依存症への治療制度の整備

やはりカジノは海外の観光客を呼ぶための施設なので、特に日本在住者へは入場制限が多く計画されていますね。
でも、韓国の一部では韓国在住者は入場禁止というところもあるみたいなので、入場制限を守れば日本在住者の方も安心安全に楽しめる対策がされていて、個人的にはいいなと思いました!

それでは、最後にいままで説明してきた日本のカジノ法案がオンラインカジノでのプレイに関わってくるのか見ていきましょう。
ここ一番気になるポイントだと思います!

日本のカジノ法案のオンラインカジノへの影響について知っていこう

日本のカジノ法案を見たときに、オンラインカジノプレイヤー方たちが一番気になるところは、きっとオンラインカジノへの影響!

前半で少し触れたんですが、カジノ法案は、オンラインカジノに対する法案ではありません!
いままでの説明でもある通り、カジノ法案は、IRのランドカジノに対する法案なので、オンラインカジノのを規制するような内容は含まれていないんです。

ということは、今まで通りオンラインカジノをプレイしてオッケー!なんですが、ここで気を付けておくべきことは、今後カジノ法案が成立することによって、ギャンブル全体への対策が増えていくと思います。

そこでオンラインカジノを選ぶ際には、きちんとライセンスを取得し、安心安全に遊べるサイトを選ぶことが重要になるんです!

信頼できるオンラインカジノってどこだろうと悩んでるあなたに朗報です。
オンラインカジノ業界にて支持率ナンバー1、そしてライセンスもしっかり取得した『ベラジョン』はいかがですか?
ここからはオンラインカジノ業界での信頼度満点なベラジョンのいいところを紹介しちゃいます!

日本のカジノ法案とオンラインカジノ:ベラジョンのここがすごい!

日本のカジノ法案とオンラインカジノ:ベラジョン

カジノ法案を見据えて、トラブル回避のためにも、安心安全な信頼度の高いオンラインカジノを選ぶことはプレイする際に必須条件です。
おすすめオンラインカジノの『ベラジョン』では、国際的に有名なオンラインカジノ合法国:キュラソーが発行するオンラインカジノの運営ライセンスを取得しています。
ライセンスを取得しているだけあって、ベラジョンには、安心安全にギャンブルがプレイできる環境が整っているんです。
早速、その環境を支える仕組みを見ていきましょう。

①責任あるギャンブル

ベラジョンには、「責任にあるギャンブル」というページがあります。
ここでは、健康的なギャンブルの説明を読めたり、自分に合ったスタイルで健康的なギャンブルをプレイできるように制限を設定することができます。

『選べる自己設定一覧』
※注意※自己設定は、設定の説明や注意をよく読んでから利用しましょう。

  • 入金制限
    入金限度額(毎月、毎週、毎日)と最大入金額を設定できます。

  • 時間制限
    1回のログインにてプレイできる時間を設定できます。 (1時間単位)
    ※制限時間に達すると、自動的にログアウトされます。
    プレイ再開には、新たにログインが必要です。

  • ゲームプレイ時間制限
    上記と同じくプレイできる時間を設定できます。 (最大240分まで)
    ※設定した時間にポップアップメッセージが表示され、ログアウトはされません。

  • ロス制限
    設定した期間での最大合計負け金額を設定することができます。

  • 退会
    プレイヤー自身でいつでも退会手続きを行えます。

  • ログイン制限
    希望する期間にてアカウントを停止することができます。

②アカウント認証

ベラジョンには、「アカウント認証」というページがあります。
アカウント認証は、マネーロンダリングや不正な利用などを防止するために、身分証明の提示をするページです。

ライセンスの維持には、安全なギャンブル環境を提供するための厳しい審査・監視が義務付けられており、アカウント認証はその一環なんです。

オンラインカジノが安全に運営されるための仕組みなので、協力するしかないですね♪
アカウント認証には、時間がかかることもあるみたいなので、早めに済ませておくことをおすすめします。

ベラジョンのしっかりした仕組みは安心感があって、やっぱりすごいなと思いました!
これからオンラインカジノをプレイする方は、カジノ法案の対策でもあるように、安全安心で健康的なギャンブルを念頭にプレイしましょう。

オンラインカジノをプレイするなら、安心・安全・楽しいの3拍子が揃ったライセンス取得のベラジョンで決まり!

早速アカウント登録を済まして、多種多様なたくさんのゲームからお気に入りを探しに行きましょう。

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!