オンラインカジノは確定申告が必須? 気になる税金のアレコレを教えます!

オンラインカジノは確定申告が必須?

オンラインカジノの税金事情や確定申告の方法を解説!

オンラインカジノで大勝利を納めた方、確定申告はちゃんと行ってますか!?

オンラインカジノでは競馬やパチンコと同じように、時折莫大な勝利金を得る可能性があります。

オンラインカジノで年間50万円以上の利益が出たら、確定申告の対象です。

会社員の場合は、年間90万円以上の利益が出た時点で、申告が必須です。

「いやいやバレないでしょ!」って思っても、オンラインカジノの取引履歴は銀行口座に記録されるので、簡単にバレてしまうのです!

きちんと税金を納めなければ脱税とみなされ、追加で罰金を支払いを命じられることも。

オンラインカジノをストレスなく楽しむために、そんなトラブルは避けたい!

今回の記事では、オンカジで利益が出た場合の税金事情や、確定申告の方法を分かりやす~く解説しちゃいます!

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!

確定申告ってなに?

確定申告ってなに?

確定申告とは、1年間の所得から納税額を計算して申告し、税金を納めること。

個人事業主やフリーランスで、会社に所属せずに稼ぎがある方は、毎年ご自身で行う必要があります。

その一方会社員の方は、会社の年末調整時に所得税の清算が行われていますので、給料以外の収入がない限り、基本的に申告の必要がありません。

しかし! 給料以外に一定額以上の臨時収入を得ると、追加の所得税を納めなければいけないので申告が必要になる、ということなんです。

オンラインカジノで稼ぐとかかる税金ってなに?

オンラインカジノで得た利益は、10種類ある所得税の対象税目の内「一時所得」に分類されます。
従って、ご自身で追加の税金を納めなければなりません。

一時所得ってなに?

一時所得とは、給料や事業から生産されたお金ではなく、臨時収入のような形で受け取ったお金のこと!
一時所得には原則として、最大50万円の特別控除があるため、一時所得の合計額が50万円以下の場合は所得税がかかりません。

国税庁のホームページによると、一時所得の内容は以下の通り。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

(1)懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)

(2)競馬や競輪の払戻金(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除きます。)

(3)生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等

(4)法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものを除きます。)

(5)遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

(6)資産の移転等の費用に充てるため受けた交付金のうち、その交付の目的とされた支出に充てられなかったもの

出典:国税庁ホームページ, ”No.1490 一時所得”, https://www.nta.go.jp/index.htm (参照2023/01/04)

この6つの項目の中で、オンラインカジノから得た利益は、「(1)懸賞や福引きの賞金品」「(2)競馬や競輪の払戻金」に該当します。

余談になりますが、宝くじで得た賞金は、実は非課税。
宝くじの賞金は、相続や贈与をしなければ税金を支払う必要がないのです!

理由は、宝くじ販売所は地方自治体によって運営されていて、宝くじを購入した時点ですでに税金が引かれているから。

これとは対照的に、オンラインカジノで利益を得たら、各自税金を納めることが必須となりますので、忘れないようにしましょうね♪

オンラインカジノの利益と税金の計算方法

税金の計算方法

一時所得には所得税が課税されることがわかりましたが、気になるのはその金額でしょう。
その疑問にお答えすべく、ここからはもっと詳しくオンラインカジノの税金と確定申告について掘り下げていきます!

一時所得の計算式

一時所得で得た金額の、課税所得額はいくらなのでしょうか?
それではさっそく、一時所得の計算式を見ていきましょう。

「一時所得の課税所得金額 =(収入-支出金額-特別控除額(50万円))×1/2」

計算式内にある「支出金額」として経費に値するのは、ゲームに勝利し利益を得た金額のみ。
ですので、ゲームで負けた時に賭けた金額は、「支出金額」に含まれないので注意しましょう。

ここで具体的な例を挙げて見ていきましょう!

サラリーマン Tさんは、日頃オンラインカジノを楽しむ一般会社員。
年収は500万円と仮定します。

Tさんの、1日のオンラインカジノ取引履歴が以下の通りでした。
この1日で得た勝利金に対する、一時所得の税金額を求めてみましょう!

賭け額(ベット額) 勝利金
〇月10日 50万円 100万円
50万円 650万円
50万円 -150万円
合計 150万円 600万円
損失を含まない合計 100万円 750万円

一時所得の計算式に当てはめると、

(750万円-100万円-50万円(特別控除額))×1/2=300万円

従って、Tさんのオンラインカジノから得た一時所得に対する課税対象額は、300万円となります。

一時所得は総合課税に含まれる

総合課税ってなに? と疑問に思う方。
一見難しそうに見えますが、実は単純な税金の仕組みなのでご安心を!

所得税の課税方法は大きく分けて2つあり、「総合所得」と「分離課税」があります。

一時所得は、基本的に「総合課税」の対象となります。

総合課税の対象となる一時所得は、まず給与所得と一時所得の課税金額を合計する必要があります。
その後、所得税の計算式を使って税金を求めなければなりません。

従って、Tさんの課税所得額の合計は、500万円(年収)+300万円(一時所得の課税金額)=800万円

所得税の計算式は以下の通り。

「課税所得金額×税率-税額控除額」

所得税は、所得金額により税率と控除額が変わってきます。
所得税の税率表は以下の通り。

課税される所得金額 税率 税額控除額
1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円 以上 45% 4,796,000円

従って、Tさんは23%の税金を支払う必要があります。

では税率がわかったところで、Tさんが実際に支払わなければいけない所得税を計算していきましょう!

800万円(課税所得金額)×23%(税率)-636,000円(税額控除額)=1,204,000円

年収が500万円で、一時所得の課税金額が300万円の場合、所得税は1,204,000円となります!

Tさんの場合、一時所得としてオンラインカジノの勝利金のみ計算した場合、600万円の勝利すると、大体480万円くらいは手元に残るってことですね♪

※その他復興特別所得税などがかかります。

無職の場合

無職の方は、申告の対象となる所得が無いため、収入が無ければ確定申告を行う必要はありません。
ただし、オンラインカジノやその他ギャンブルで生計を立てていて、所得金額が146万円を上回った場合は、申告をする必要があります。

というのも無職の場合、一時所得の課税所得額が48万円以下のみ申告不要というルールが国で定められているからです。

一時所得の課税金額は、一時所得金額×1/2で計算するので逆算すると、48万円×2=96万円
さらに50万円の特別控除が適用されるので、96万円+50万円=146万円

となり、オンカジやギャンブルだけで収入を得ているという方は、146万円までなら税金を納める必要がありません。

会社員の場合

この記事の冒頭でも、会社員は90万円以上の利益を出したら、申告しなければいけないと説明しましたね。
一般の会社員については、給料以外の課税所得額の合計が年間20万円を超えない場合、申告をする必要がありません。

一時所得の課税金額は、一時所得金額×1/2で計算するので逆算すると、一時所得金額20万円×2=40万円
さらに50万円の特別控除が適用されるので、40万円+50万円=90万円

となり、90万円まではオンラインカジノやギャンブルで所得を得ても、申告をする必要がないのです。

アルバイトで生計を立てている方も、給料は給与所得となるので、同じように90万円以下までなら申告の必要はありません。

会社員で一時所得が90万円以下でも申告が必要な場合

会社員で、オンラインカジノで稼いだ一時所得が90万円以下であっても、下記に該当する場合は、確定申告を行う必要があります。

  • 2,000万円以上の年収がある方
  • 給与以外の所得が複数あり、合算して90万円以上ある場合
  • 2箇所以上の会社、事業所から給料を受け取っている場合

オンラインカジノで稼いだ所得と、他にも所得がある場合は、必ず合算してから計算する必要があるので、注意が必要です!

さらに年末調整は基本的に1事業所でしか行うことができません。
2箇所以上の会社から給料を貰っている場合、必ず年末調整がされていない給料と、一時所得を合算した上で計算しましょう。

確定申告が必要な場合の表をまとめてみましたので、参考にどうぞ!

確定申告チャート1確定申告チャート2確定申告チャート3

確定申告しないとどうなるの?

リスク画像

国税庁や税務署から無申告がバレると、当然のことながら罰則があります。
オンラインカジノでたくさん稼いだら、忘れずにしっかりと税金を納めましょう

無申告加算税

一時所得があるのにも関わらず、確定申告を行わなかった場合、無申告加算税が課されます。
無申告加算税で支払うべき金額は決まっていて、50万円までは15%、50万円を超える場合は20%。

ということで、手続きが面倒で申告を怠っていると、必要以上の税金を納めなければいけないので要注意。
少額だからバレないだろうと思っていても、税務署は国内銀行の入出金取引を調査する権限があり、確実にバレないという保証はありません。

申告をしなければいけないと分かった時点で、早めに行動し、必ず期限内に申告しましょう!

オンラインカジノの税金の申告方法と必要書類

確定申告に必要な書類は以下の通り。

  • 確定申告書(昨年分がある場合はその申告書の控えも必須)
  • 本人確認書類(マイナンバーカードなど)

  • 所得が明確に表記されている書類

申告書にはマイナンバーを記載するので、マイナンバーを控えておくか、事前にマイナンバーカードを発行しておくと便利!
会社からの給料、またその他の収入がある方や、年金を受け取られている方は、申告書の記入に源泉徴収票が必要です。

所得が明確に表記されている書類については、オンラインカジノからの利益の場合、オンラインカジノ会社から取引明細書を発行してもらいましょう!

確定申告書の提出方法

提出方法は3種類

  • 税務署窓口へ直接持ち込む
  • e-Taxで電子申告
  • 郵送

税務署窓口へ直接持ち込む

確定申告を提出するなら、税務署へ直接持ち込むのが一番メジャーな方法。
確定申告時期は混み合うので、時間に余裕を持って行くことがおすすめです。
直接税務署へ行くので、質問があれば聞くことができるのが大きなメリット!

税務署の業務時間内に間に合わない場合、時間外収集箱に投函し提出することもできますよ!

e-Taxで電子申告

パソコンやスマホから申告できる「e-Tax」は、すでに多くの方が利用している方法です。
確定申告時期になると、毎日24時間利用ができるので、忙しい方にもおすすめ!

郵送

郵便ポストや郵便局で、信書にて郵送し提出する方法です。
すでに申告方法をご存知の方は、郵送で提出もできます!

確定申告の期間や時期はいつ?

1月1日から12月31日までの1年間の所得が申告対象となります。
申告期間は原則、所得を得た翌年の2月16日から3月15日までです。

期限内に必ず申告できるよう、余裕を持って準備しましょう!

オンラインカジノで利益を得たら必ず確定申告をしよう!

オンラインカジノで大勝利し一時所得の計算をしたら、確定申告の対象だった! なんてことも実際にあると思います。

せっかく稼いだ勝利金から不要なトラブルを避けるためにも、忘れないように税金を納めましょう!

確定申告の仕方が分からない方や、初めてで不安な方は、税理士に相談することをおすすめします。

これで税金の知識はばっちり! 今すぐベラジョンに登録して一攫千金を狙っちゃいましょう!

ベラジョンJPでは、ほかにもオンラインカジノの入金方法などの役立つ情報を紹介しています。

気になる方は是非検索してみてくださいね!!

ベラジョンJPホームへ戻る

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!

こちらの記事もオススメ!

日本のカジノ法案とオンラインカジノを徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です