ブラックジャックは、長年たくさんのプレイヤーに親しまれているトランプを使う大人気テーブルカードゲームです。

今回は、使いこなせば勝率が上がる?!と言われるブラックジャックの『ベーシックストラテジー』の基礎から種類別の使い分け方法をうれしい練習問題付きで大解説していきます。

必ず勝利する必勝法とは少し異なりますが、ブラックジャックの勝率を上げたい方には、おすすめの攻略法です。

まず、解説を始める前に、ブラックジャックのルールについて復習しましょう。

【ブラックジャックの基礎ルール】
プレイヤー(自分)とディーラーのタイマン勝負。
お互いに、カードの合計が21を超えない範囲にて、ブラックジャックと呼ばれる「21」により近いハンド(手札)を作り競い合うゲーム。

これからの説明には、以前ルールの記事に書いたことが多く登場しますので、確認後の方が、確実に理解度がアップ!
ルール記事を読んでいない方は、一度『ブラックジャックのルールと遊び方講座』を読んでください。
一度ルールと共に実戦でブラックジャックを確認したい方は、ベラジョンにアカウント登録して、プレイしてみましょう。

それでは、解説を始めていきます!

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!

バカラの罫線:ビーズロード1

ブラックジャックのベーシックストラテジーとは、プレイヤーの最初の手札2枚とディーラーのアップカードの数字にて「最適な戦略・行動」を示した表(チャート)です。

べーシックストラテジーを使ってプレイすると、理論上還元率がアップできるといわれ、勝利を目指すプレイには必要不可欠な武器!
使わないなんて選択はないですよね。

しかし、難しい英語名のせいなのか、アルファベットが多いせいなのか、ブラックジャック初心者の方には、使いこなせないと思われがち。
でも、べーシックストラテジーの意味は、直訳すると「基本戦略」(ベーシック=基本、ストラテジー=戦略)。
そう、基本!ということは、ベーシックストラテジーを学びたい方はここが初級編ということなんです。
数字やアルファベットが羅列した表も内容を知っちゃえば怖くありません!

しかも、下記条件を満たしたブラックジャックのゲームならどれでも使用可能!
※使う前に、テーブル毎のルールは必ずチェックしましょう。

ルール:ディーラーがソフトハンド17でスタンド

しっかり使い方を学んで、ブラックジャックの勝率あげちゃいましょう!
まずは、考え方から学び始めましょう。

ブラックジャック・ベーシックストラテジー:考え方を学ぶ

ブラックジャックのベーシックストラテジーの考え方を知る

ブラックジャックのベーシックストラテジーの使い方の前に、基準となる考え方を学んでいきましょう。

ただただベーシックストラテジーを覚えるのは難しいですが、どのような考え方によって構成されているのかを知ることで、理解&習得スピードもアップ!
今後応用版を学ぶときにも役立ちますよ♪

まず、考え方の基となる2つの軸は、ルールの記事で覚えた『10の予想』と『ディーラーのヒットの条件』です。

  1. 「10」の予想
    ブラックジャックでは、52枚のカードの内16枚も「10」になるカウントをします。
    そのため、その出現率の高さから、ヒットした際に次に来るカードを「10」であると予想する考えは、ベーシックストラテジーでも同じです。
  2. ディーラーのヒットの条件:ハンドの合計値「16以下」
    ディーラーは、「16以下」のハンドの合計値だった場合、常にヒットを選びます。
    そして、10の予想の考え方では、「16+10(仮定)=26」となり、この選択はバーストする危険性がアリよりのアリ!

この2つの軸から、

「ディーラーのアップカード:6以下 」で「プレイヤーのカードの合計値:12以上 」の場合には、 スタンド

と考えが導き出されます。

「ディーラーのアップカード:6以下 」とは、上記のとおり、ホールドカードを10と予想し、ディーラーのアップカードが6以下の場合には、ハンドの合計値が16以下となるため、ディーラーは必ずヒットを選択します。
これは、バーストする危険性&可能性大!

また、プレイヤーのハンドの合計値が12でヒットを選択した場合、「10」の予想では、「12+10(仮定)=22」となり、こちらもバーストする危険性&可能性大!
そのため、ベーシックストラテジーでは、スタンドという判断となります。

バーストすると即負けなので、ディーラーがバーストする可能性がある場合には、攻めるのではなく、自分のハンドを守りに行くことも大切。
この考え方を基準に、勝つための攻めと守りのバランスを統計学的にまとめた表ができたんです。

基礎と考え方の解説が終わったので、早速ストラテジーチャートの使い方を説明していきます。

ブラックジャック・ベーシックストラテジー:ストラテジーチャートを学ぶ。

ブラックジャックのベーシックストラテジーには、戦略表(ストラテジーチャート)があります。

これは、プレイヤーの最初の手札2枚とディーラーのアップカードの数字に基づいて、最適な戦略・行動を統計学的にまとめられたマニュアルのようなものです。

これを暗記するのは、ちょっと難しいと思うので、この記事を見ながらブラックジャックをプレイすることをおすすめします。
なんたって、オンラインカジノなら、表を見ながらプレイしても誰にも見られません!

では、ベーシックストラテジーの詳細と使い方を、

  1. 数字
  2. アルファベット
  3. 見方

の順に学んでいきましょう。

『ブラックジャック・ベーシックストラテジーチャート』その1 数字

表の端に並ぶ数字は、

  • 縦軸⇒プレイヤーの最初の手札2枚(組み合わせまたは合計値)

  • 横軸⇒ディーラーの手札(アップカード)数字

を示しており、最適な戦略・行動を見つける際の基準となります。

『ブラックジャック・ベーシックストラテジーチャート』その2 アルファベット

表内のアルファベットは、最適な戦略・行動を示します。
5つのアルファベットの意味はそれぞれ下記となります。
※ブラックジャック用語の詳細は、ルールの記事にあります。

  • H:ヒット・・・1枚追加カード配られること。

  • S:スタンド・・・これ以上追加カードを引かないこと。

  • D:ダブルダウン・・・2倍にベット額を上げた後、1枚のみ追加カードを引くこと。

  • R:サレンダー・・・半額のベット額を払って、ゲームをおりること(ルールにサレンダーがない場合はヒット)

  • P:スプリット・・・最初の手札2枚が同じ場合、別ハンドとして2分割すること。例:8と8、JとJなど

『ブラックジャック・ベーシックストラテジーチャート』その3 見方

表にて最適な戦略・行動(アルファベット)は、縦軸(プレイヤーの最初の手札2枚)と横軸(ディーラーのアップカード)が交わる箇所にて確認できます。

ブラックジャック・ベーシックストラテジーチャート3 見方

例として、プレイヤーのカードが4とJ(14)であり、ディーラーのアップカードが6であった場合は、画像内の緑の枠のようにたどり、S:スタンドが最適な戦略・行動と決定します。

今まで見た目だけで難しいと思われていたかもしれませんが、実際は見やすくて使いやすいブラックジャックを戦うための攻略マニュアルなんです。

なお、ベーシックストラテジーを使ってブラックジャックをプレイする場合、必ず最後まで表に従って行動しましょう!
※効果が半減する可能性あり。

ブラックジャックのベーシックストラテジーの見方がわかれば、もう安心!
次は、3種類ある表の使い時と使い分け方を教えちゃいます!

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!

ブラックジャック・ベーシックストラテジー:種類を学ぶ

ブラックジャックの種類ベーシックストラテジーのを知る

ブラックジャックのベーシックストラテジーには、プレイヤーのカードによって異なる表が3種類あります。

  • ハードハンド
  • ソフトハンド
  • スプリット

いままでの例題や見方の説明に使った表は、3種類の中で一番登場回数が多く、基本的な形となるハードハンドです。
しかし、他の2種類もプレイヤーのカードに合わせて使い分けるとより効果が期待できますよ♪

では、3種類の表を紹介していきます。

『ブラックジャック・ベーシックストラテジー』その1.ハードハンド

『ハードハンド』は、下記となります。

ブラックジャック・ハードハンド

使い時:プレイヤーの最初の手札2枚にAがない場合。
詳細:ベーシックストラテジーの基本形となり、3種類の表の中で一番多いカードの組み合わせ。
基本の基本なので、初心者の方はまずはここから使い始めましょう。

『ブラックジャック・ベーシックストラテジー』その2.ソフトハンド

『ソフトハンド』は、下記となります。

ブラックジャック・ソフトハンド

使い時:プレイヤーの最初の手札2枚の中にAが1枚ある場合。
詳細:Aのカードは、1か11を選べる特殊なカウント方法をするので、表があると迷いなく最適な戦略・行動がわかります。

『ブラックジャック・ベーシックストラテジー』その3.スプリット

『スプリット』は、下記となります。

ブラックジャック・スプリット

使い時:プレイヤーの最初の手札2枚が同じ場合。
詳細:特別ルール「スプリット」適用のゲームの場合、スプリットすべきか難しい判断が多いので、この表は強い味方です。
※内容は、ルールの記事にて一度紹介済み。

表の使い方はわかったけど、ちょっと使い時がピンとこないという方のために、使い分けの練習問題用意してますよ!

『ブラックジャック・ベーシックストラテジー』の使い分け練習

最後は、ベーシックストラテジーの練習問題にて、実践さながらの使い分けの感覚をつかんでいきましょう!

各問題の場面によって、使うべき表の種類と、最適な戦略・行動を答えてください。

Q.1あなたの最初の手札2枚ならびにディーラーのアップカードが下記だった場合。

ブラックジャックストラテジーの問1

A. スプリット
最適な戦略・行動:ヒット
(プレイヤーのハンド「4,4」とディーラーのアップカード「2」の交わる箇所 )

Q.1あなたの最初の手札2枚ならびにディーラーのアップカードが下記だった場合。

ブラックジャックストラテジーの問2

A. ソフトハンド
最適な戦略・行動:スタンド
(プレイヤーのハンド「A,8」とディーラーのアップカード「7」の交わる箇所 )

Q.1あなたの最初の手札2枚ならびにディーラーのアップカードが下記だった場合。

A.ハードハンド
最適な戦略・行動:ダブルダウン
(プレイヤーのハンド合計値「9」とディーラーのアップカード「3」の交わる箇所 )

練習問題の結果はいかがでしたか?
全問正解できたなら、本番でもベーシックストラテジーの使い手となれるでしょう!

ブラックジャックのベーシックストラテジーの本番デビューは、ベラジョンで決まり!
ビデオゲームやライブカジノで種類豊富なブラックジャックをプレイでき、充実したゲーム時間を体感できます。
早速アカウント登録ページから、ベラジョンの扉を開きましょう。

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!