カジノとパチンコの違いって?それぞれの違いについて教えちゃう

  • by
カジノとパチンコの違い・メイン画像

日本で「カジノ法案」が話題になっているさなか、昔から親しまれている「パチンコ」と「カジノ」の違いって意外と曖昧ですよね?

どうして「パチンコ」は日本で営業ができるのに、「カジノ」は違法になってしまうのか。

これには、日本の法律が関係してくるのですが、難しいことは良く分からない!って人のために、カジノとパチンコの違いについて、法律やゲームの内容など幅広く・分かりやすく解説しちゃいます!

カジノとパチンコの違いを頭に入れて、これからのゲーム選びに役立てちゃってくださいね♪

カジノとパチンコ~法律の違い~

カジノとパチンコ・法律の違い

まずは、この記事を読んでいる読者のみなさんが一番気になると思う”日本の法律”について説明していきます。

カジノとパチンコの法律の違いについて、下記の3項目を見ていきましょう!

1.合法性について
2.オンラインカジノについて
3.カジノ法案について

それでは、それぞれの詳細をわかりやすく説明していきます。

その1●合法性について

パチンコは日本で営業できて、カジノが営業できない理由は、日本でカジノの運営が認められていないからです。(2022年3月現在)

  • カジノ=違法
  • パチンコ=合法

後ほど紹介する「カジノ法案」によって、日本でもカジノ施設がつくられますが、現時点ではカジノは日本の法律上、違法とみなされています。

ですが、パチンコも勝って増えたパチンコ玉やコインを換金所でお金に交換していますよね?それなのに、どうしてカジノだけが違法になってしまうのでしょうか。

その答えが下記となります。

パチンコの場合

パチンコが日本で遊べる理由は、結論から言うと「風俗営業法」という法律で、営業が許可されているからです。

いや、だからどうして「パチンコ」だけが、法律で認められちゃうの? と、気になりますよね。それには仕組みがあるんです。

パチンコへ行ったことがある人ならイメージつきやすいと思いますが、パチンコへ行くと入店から換金するまで下記の流れとなります。

1.お客さんがお金を払い、パチンコ玉やコインに交換
2.勝った場合、パチンコ玉やコインが増える
3.カウンターでパチンコ玉やコインを特殊景品に交換
4.換金所で特殊景品をお金に交換
5.お客さんが現金を得る

ここで重要となってくるのが、パチンコ店が直接パチンコ玉やコインを現金と交換しないこと!

実は、パチンコ店と換金所は全く関係ないものとされているのです。

このやり方を、「三店方式」と呼びます。
パチンコ店が直接、お客さんに現金を渡すと「賭博罪」になりますが、第三の業者である換金所を間に挟むことで、合法的な営業と認められてしまうのです。

カジノの場合

パチンコ店の仕組みが分かれば、カジノが日本で運営できない理由が何となくお分かりいただけたはず!

日本では、公営ギャンブル以外での賭け事は賭博罪とされてしまうので、日本で賭博を行った場合、逮捕されてしまいます。

もちろん、スポーツなどの勝ち負けを予想し、金銭を賭けることも禁止されています。

パチンコは少し特殊なところもありますが、他にも日本で賭博できる施設はあります。

  • 競馬
  • 競輪
  • 競艇
  • オートレース
  • 宝くじ

さて、今までは日本にカジノ施設がなかったので、ギャンブルで遊ぶならパチンコや、公営ギャンブル、オンカジを利用していた人が多かったはずです。しかし、2016年にやっと「カジノ法案」が成立しました!
完成まで道のりは長いと思いますが、「カジノ法案」について少し紹介したいと思います。

その2●カジノ法案について

カジノ法案と呼ばれる「IR整備推進法案」についてすこ~しだけ知識を付けていきましょう!

まず、カジノ法案の正式名称は、『特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律』で、2016年末に国会で可決された統合型リゾートの建設を進める基本法のことです。
カンタンに言えば、『日本に統合型リゾートを建設しましょう』って感じです。

統合型リゾート施設なので、カジノの他にもショッピングモールや、ホテル、娯楽施設などなど、様々な種類の施設も建設予定です。

カジノ施設と言えば、ラスベガス・シンガポール・マカオなど海外まで行かないと遊べなかったですが、やっと日本で遊べると考えると夢のようですね!
しかし、認可された施設以外でカジノを行うことは引き続き「賭博罪」として罰せられるので気を付けましょう。

カジノ法案について詳しくまとめた「ベラジョンを不安なく楽しむために日本のカジノ法案の疑問を徹底解説!」の記事も合わせて参考にしてもらえたら嬉しいです。

その3●オンラインカジノについて

日本の法律の違いについて解説しましたが、オンラインカジノが日本で遊べちゃう仕組みについて説明します。

合法性について説明した通り、日本では公営ギャンブル以外の賭博は認められていませんが、オンラインカジノに関する法律が日本で存在しないので遊べちゃうのが事実です。

しかし、オンラインカジノを楽しむために気を付けないといけないのが下記の点です。

  • 運営もとが海外か
  • ライセンスを取得しているか
  • 第三者機関が入っているか

オンラインカジノを選ぶ際には、海外で運営されており、きちんとライセンスを取得しているサイトを選ぶことが重要になるんです!
日本で運営している&店舗を構えているオンラインカジノは違法となりますので気を付けましょう。

そんなオンラインカジノの中で、安心安全に遊べちゃうのが、業界No.1のベラジョンカジノ!国際的に有名なオンラインカジノ合法国:キュラソーが発行するオンラインカジノの運営ライセンスを取得しています。
ライセンスを取得しているだけあって、安心してギャンブルがプレイできる環境が整っています。

ベラジョンで安心安全に遊べちゃう理由も「ベラジョンを不安なく楽しむために日本のカジノ法案の疑問を徹底解説!」の後半で詳しく書いているので、参考にしてください♪

カジノとパチンコ~配当の違い~

カジノとパチンコ・配当の違い

カジノとパチンコの法律上の違いを説明しましたが、他にも比べられる点がいっぱいあります!
次にご紹介するのが、プレイヤーの配当に直結する下記の項目です。

  • 還元率
  • 手数料
  • 公平性

まずは還元率から見ていきましょう!

その1●還元率

還元率とは、プレイヤーの賭け額に対し、ギャンブル運営側から払い戻される金額の割合のことです。
※オンラインカジノでは、ペイアウト率やRTP(Return to Player)と書かれていることもあります。

例えば、オンカジで1万円を賭けて還元率96%のゲームを遊んだ場合、9600円が払い戻されるってことです。

ここで気を付けないといけないのが、還元率は、プレイヤー1人1人の割合ではなく、あくまでも該当ゲームで遊んだ全プレイヤーの平均値です。

還元率が96%のゲームでも、必ず96%払い戻される訳ではないんですね。

さて、カジノとパチンコを比べてみましょう!

パチンコ

パチンコの還元率は約80~85%と言われています。

他の公営ギャンブルと比べると高いですが、オンカジと比べるとどうでしょうか?

カジノ

カジノの還元率は約94%~98%と言われています。

ランドカジノよりも、オンカジの方が還元率が良いといわれていますが、ゲームの種類によって還元率が変わってくるので、一概には言えません。
しかし、パチンコの還元率と比べると、約10%以上も差が出ちゃっていますよね。

そう、パチンコよりもカジノの方が還元率がとーっても良いんです。

その2●手数料

実は、パチンコには交換手数料があるのは知っていますでしょうか?

例えば、パチンコ店でパチンコ玉を1玉4円で借りるとします。景品に交換する際には、1玉3円とか3.5円の価値に下がってしまうのです。

これを交換手数料といいます。

さらに、パチンコ玉の数や、パチンコホールによって交換率が変動します。

これに対してカジノでは、交換手数料は発生しません。
ゲームに勝って増えた分だけ、自分の儲けとして入ってくるわけです。

その3●公平性

配当の違いについて最後の項目が「公平性」です。

パチンコには、一般的に6段階の設定があります。

数字でいうと、1が一番当たりが出ない台で、6が一番甘い台となります。

パチンコ運営側で設定が出来てしますので、公平性に関しては弱いと言えるでしょう。
しかし、カジノでは設定することができません。

例えば、ベラジョンは、キュラソー州知事により発行されたライセンスを取得しており、厳しい審査・監視のもとで健全に運営されているので、操作をすることが不可能となっているんです。

還元率で説明したように、全てプラスになるわけではないので、負けてしまったときは運が悪かったとなりますね。
逆に言うと、いつどこで誰が遊んでも、勝てちゃうチャンスがあるともいえるでしょう!平等なゲームが提供されているということになります。

カジノとパチンコ~遊べる場所とゲームの違い~

カジノとパチンコ・ゲームの違い

続きまして、それぞれの遊べる場所とゲームの違いについて紹介したいと思います!

ここからは、カジノ=オンカジに着目して、パチンコとの違いを紹介します。

その1●遊べる場所と時間の違い

オンカジの最大の魅力と言ったら、”いつでもどこでも”時間と場所を選ばずに遊ぶことができちゃう!

スマホやタブレット端末、インターネット環境があれば、休憩時間や通勤時間中、休日に家でゴロゴロしながらプレイも良いですね♪

パチンコはどうでしょうか。駅前や大通りに多く店舗を構えているので、行きやすさを考えたら便利ですよね!しかし、営業時間が決まっているため、決められた営業時間以内で勝負をしないといけません。

また、新作が出たりすると、外に行列ができたりすることも!

それぞれの違いを考えると、並ばずに24時間どこでもプレイが可能なオンカジの方が、リラックスしてプレイができるのではないでしょうか♪

その2●ゲームの数の違い

パチンコ店によって置いてある台の数が異なりますが、大きな店舗でもスロットと合わせて約100種類で遊ぶことができます。
このくらいの数なら、吟味しながら好みの台を見つけられるかもしれませんね♪

インターネットでサクサク遊べちゃうオンカジでは、約1,000種類以上のゲームが遊べます!しかもベラジョンでは、約2,000種類以上の豊富なゲームが毎日楽しめちゃうんです♪
数が多すぎて迷っちゃうってこともあるかもしれませんが、ベラジョンはゲーム検索がとってもカンタン!

例えば、ゲームのアイコンの左上に「炎」のマークがあれば、ベラジョンで人気のゲームと意味になります。
新作のゲームや限定ゲームなども一目で分かるようになっているので、思わぬところでハマるゲームが見つかっちゃうかも?!

その3●カジノでしか体験できない?!

パチンコでは試せない、カジノならではの特徴をご紹介したいと思います!

ランドカジノやオンカジ両方に共通しますが、カジノスロットにはジャックポットという機能が搭載されています。
ジャックポットとは、いわゆる”大当たり”の意味です。

その金額は数千万円や数億円など桁違いになることも・・・

公平性で説明したように、カジノ側では強くしたり弱くしたり操作をすることができないため、ジャックポット搭載のスロットで遊ぶと、全プレイヤーに当たるチャンスがあるということです!

いつ当たるか分からないのでドキドキしちゃいますね♪

その4●パチスロ風ビデオスロット

最後に、パチスロ愛好家さんたちにも満足?!してもらえる、ビデオスロットを紹介したいと思います!

なんだかんだ言ってパチスロの演出やシンプルさが好きなんだよねって人もいると思います。
ベラジョンでは、そんなプレイヤーさんにも満足してもらえるようなビデオスロットがあるんです。

それは、「パチスロ風ビデオスロット」です。

オンラインビデオスロットHawaiian Dream

パチスロ独特の効果音や、シンプルな構造が特徴のパチスロ風ビデオスロットは、ベラジョンでも大人気♪

ゲームの数も年々増えてきています。オンカジ初心者で、どれで遊べばいいのか悩んでいる人は、日本人に馴染みやすい「パチスロ風ビデオスロット」から始めてみてはいかがでしょうか?

ベラジョンJPでは、パチスロ風ビデオスロット中で不動の人気を誇る「ハワイアンドリーム(Hawaiian Dream)」について解説している【オンラインパチスロ】ビデオスロット「Hawaiian Dream」を徹底レビューの記事もあるので、参考にしてください!

カジノとパチンコの違いについて解説しました!それぞれ良い点があるので、その日によってオンカジで遊んでみたり、パチンコに行ってみたりと使い分けてもいいかもしれませんね。
実は、当サイトからベラジョンに登録すると今なら$30ボーナスがもらえちゃう!登録後もお得なサービスやボーナスがゲットできるので、これもパチンコにはない大きな違いなのではないでしょうか♪

安心安全、種類豊富なゲームで遊ぶなら業界ナンバー1のベラジョンで決まり!

早速アカウント登録を済まして、たくさんのゲームの中からお気に入りを探しに行きましょう。

 

ベラジョンにまだ登録していないという方は、こちらの記事も是非参考にしてみてください。

ベラジョンカジノレビュー | オンラインカジノなら2021年もベラジョン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。