ブラックジャックは、別名「21(twenty-one)」と呼ばれ、長年多くのプレイヤーに愛されている、トランプのカードを使った人気のテーブルゲームです。

オンラインカジノだけでなく、ランドカジノでも、多くのプレイヤーとディーラーの白熱した心理戦を見ようと集まる観客で大賑わいなんですよ。

しかし、長い歴史があるので、初心者の方には敷居が高そうと思う方も多いようです。

そ・こ・で、ブラックジャックをプレイしてみたいと思っていた初心者の方も、今更聞けないけどルール確認や遊び方の復習をしたいと思っていた方も必見!

ブラックジャックルールをまるごと解説しちゃう、夢のような講座がスタートします。

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!

ブラックジャックの基礎、基本ルールから学んでいきますよ。

少し覚えることはありますが、基本ルールはカンタンです。
プレイしていけばどんどん頭にすっと入ってくるので、ご心配なく!

ブラックジャックのプレイでの基礎となるので、しっかり覚えていきましょう!

ブラックジャックのルールについて

ブラックジャックのルール編1♢基本ルールとは?

ブラックジャックの基本ルールは、合計が21を超えない範囲にて、よりブラックジャックと呼ばれる「21」に近いハンド(手札)を作り競い合うことです。

勝負は、テーブルゲームに多い、プレイヤー同士ではなく、プレイヤー(自分)VSディーラー。
どんなにプレイヤーが多くても、とにかくディーラーのハンドのみ気にしていればOKです!
この対ディーラーとの心理戦は、ブラックジャックのゲーム性を味わえる醍醐味の一つともなっているので、実践でのスリルと興奮をお楽しみに♪

基本のルールとしては、とにかく「21が最強」と覚えてください!

さて、続いては、その「21」の数字をブラックジャックでどのようにカウントするか説明していきます。

ブラックジャックのルール編2♢カードのカウント方法とは?

ブラックジャックでのカードのカウント方法は、少し独特なんです。
また、オンラインカジノでプレイする際は、自動的にハンドが計算され、表示されます。

しかし、重要なポイントなので、覚えておきましょう!

  • 【数字のカード:2~10】
    数字のカードの場合には、表記されている数字通りにカウントします。

    例)3 + 10 = 13

    一番簡単なパターンです。
    数字のカードは、そのまま足しちゃいましょう。

  • 【A以外のアルファベットのカード:キング(K)・クイーン(Q)・ジャック(J)】
    エース以外のアルファベットカードの場合には、すべて「10」としてカウントします。

    例) K + 5= 15

    アルファベットのカードが、先にお伝えした独特なパターンです。
    しかし、細かい計算が少なくなるのはうれしいですね。

    エース以外のアルファベットのカードは、なんでも「10」としてカウントしましょう。
    エースについては、次の項目で!

  • 【エース(A)】
    エースの場合には、1または11としてカウントします。

    例: A+ 2= 3または13

    エースだけは、少し複雑ですが、選べる2パターンはお得感満点です!
    エースを手にして、1または11を選ぶかは、あなたの戦略次第♪

※オンラインの場合には、自動計算なので、システムが判断で有利なハンドとなる数字でカウントされます。
ちなみに、ブラックジャックでは、サイドベットの賭け以外で、スート(ダイヤ・スペード・ハート・クラブの記号)は使いません。
なので基本数字のルールを覚えれば大丈夫!

案外カンタンでびっくりしてませんか?
ここで、少し実践的なカードのカウント方法のミニ知識を教えちゃいます。

ブラックジャックのルール/ ミニ知識編♢サイドベットとは?

ブラックジャックでは、ゲームによって、サイドベットがあります。

サイドベットとは、上記にて説明しているブラックジャックの通常の賭けとは別に、配られるカードの「種類やスート」を予想し、ベットすることです。

サイドベットには、「パーフェクトペア」や「21+3」などがあります。
※ゲームによって、サイドベットの有無や、サイドベットの詳細は違いますので、ゲームルールの詳細を必ず要確認!

ブラックジャックのルール/ ミニ知識編♢「10」の予想とは?

ブラックジャックでは、お伝えした通り、「10」と数えるカードが52枚のカードの内、16枚もあるんです。

エースや数字のカードは52枚中それぞれ4枚ずつなので、「10」と数えるカードの数は桁違い!

「10」の予想とは、この高い確率を使い、次に来るカードを「10」であると予想し、使う戦略や次のアクションを決めることです。

特に初心者の方は、ゲーム中のアクションの判断が難しいと思うので、判断の目安として「10」の予想を使うといいと思います。

ブラックジャックの基本用語

ブラックジャックのルール編3♢基本用語とは?

ブラックジャックのルールや遊び方を理解するには、ゲームにてよく使われる用語をおぼえることはマスト!

今回は、基本用語として覚えておくべき用語のみをリストにして説明していきます。
ゲーム中に何度も出てくる用語ばかりなので、ゲームをプレイする前にしっかり確認&暗記してくださいね♪

  • ブラックジャック(Blackjack)
    2枚以上のカードによって、カードの合計値が21(ブラックジャック)となることを指します。
    例)J(10)+ 8 + 3 = 21
  • ナチュラル・ブラックジャック(Natural Blackjack)
    ※別名Natural(ナチュラル)とも呼ばれています。
    最初に配られる2枚のカードによって、カードの合計値が21(ブラックジャック)となることを指します。
    例) A(11) + 10 = 21
    なんと、3枚以上で構成されたブラックジャックより強いハンドなので、ほぼ最強です。
    ゲームによりますが、通常より配当が高いことも!
    出現率低めなので、当たればとてもラッキーですよね。
  • スタンド(Stand)
    スタンドをゲーム中に選択すると、カードを追加で引くことなく、ゲームが進行します。
    もうこれ以上ハンドを増やさない場合はこちら。
  • ヒット(Hit)
    ヒットをゲーム中に選択すると、ディーラーによって、追加で1枚カードが配られます。
    ★ポイント★
    ヒットとスタンドはゲーム中の登場頻度高めなので、一番に覚えましょう!
  • プッシュ(Push)
    勝敗の際に表示され、「引き分け」を意味します。プレイヤーとディーラーのハンドの合計値が同じとなった場合には、ベットの全額は基本的に返金となります。
    ※注意※
    結果がプッシュだった場合には、ディーラーの勝ちとなるルールもあるため、ゲームの詳細をプレイ前に必ず確認しましょう。
  • バースト(Bust)
    「21」を超えるカード合計値が出た場合には、バーストとなり、即負け確定となります。
  • ソフトハンド(Soft Hand)
    エース(A)を「11」として、カウントすることで、作られたハンドのことを指します。
  • ハードハンド(Hard Hand)
    エース(A)を「1」として、カウントすることで、作られたハンドを指します。
  • アップカード(Up Card)
    ディーラーに配られた2枚のカードの中で、表向きのカードのことを指します。
  • ホールカード(Hole Card)
    ディーラーに配られた2枚のカードの中で、伏せられた裏向きのカードのことを指します。

★ここからは、特別ルールの基本用語★

  • ダブルダウン(Double Down)
    2倍にベット額をアップするアクションのことを指します。
    ※注意※
    ダブルダウンにてベット額を2倍にすると、その後、1枚だけしかカードをヒットできません。
  • Split(スプリット)
    最初に配られた2枚のカードにて数字またはアルファベットが同じだった場合、それぞれ別のハンドとして、カードを1枚ずつに分けることを指します。
    カードをスプリットした場合には、もう一方のハンドにも同じ金額をベットをする必要があります。
    ※注意※
    スプリットを選択後、ディーラーが普通のブラックジャックまたは、プレイヤーがナチュラルブラックジャックにて勝利すると、配当率が通常と異なることがあります。
    選択する前に、ゲームルールをよく確認しましょう。
  • インシュランス(Insurance)
    ディーラーがAのアップカードを持っているときのみ適用されるアクションのことを指します。
    ディーラーのハンドがブラックジャックであると予想される場合に、最初のベット額の半分となる金額を、保険として新たに賭けることができます。
    ・ディーラーがブラックジャックだった場合:インシュランスで賭けたベット額×3が配当。
    そのため、実質的には、±0となります。
    ・ディーラーとプレイヤー(自分)どちらもブラックジャックだった場合:全ベット額は、返金となります。
    ・ディーラーがブラックジャックでない場合:ベットしたインシュアランス額は返金されません。

さて、ブラックジャックの基本的な部分は理解できましたか?
それでは、ここからは遊び方を通して、人気の理由でもあるブラックジャックのゲーム性を学んでいきましょう!

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!

ブラックジャックルール講座: 遊び方

ブラックジャックルール講座: 遊び方編

ブラックジャックの遊び方は、基本ルールの通り「21」に近いよりよりハンドを作り勝負することです。

遊び方の説明には、基本用語がたくさん出現するので、ブラックジャックの基本用語を復習しながら見ていきましょう!

スリルと興奮のディーラーとの心理戦では、ゲームの流れの把握や、戦略を使いこなせているかが勝敗を分けるこも多いんですよ。

勝率UPにつながる遊び方の習得には、頭でおぼえて実践あるのみ!

それでは、お待ちかねの遊び方編スタート♪

ブラックジャックの遊び方編1♤ゲームの流れを学ぼう

ブラックジャックのゲームの流れは、シンプルで、プレイヤーがアクションを選択できる場面もそんなに多くありません。
だからこそ、ゲームの流れを知り、戦略に基づいたベストなアクションができるかは、勝敗を大きく左右しちゃうんです。
ゲームの流れは下記となりますので、遊び方をしっかり覚えていきましょう!

  1. テーブルと席を選ぶ
  2. ベット額の決定
  3. 最初のカード 2枚の配布
  4. 「ヒット」か「スタンド」の選択(プレイヤーサイド)
  5. 「ヒット」か「スタンド」の選択(ディーラーサイド)
  6. ハンドと勝者の発表

それでは、ベラジョンで大人気のライブブラックジャックを基に、基本的なゲームの流れの詳細を説明していきます。

  • ブラックジャックの流れ 1 : テーブルと席を選ぶ

ブラックジャックゲーム1

ベラジョンからブラックジャックをゲーム検索すると多くのゲームが表示され、ライブカジノだけでも種類が異なる多くのテーブルがあります。

そのため、初心者の方は、選ぶのに苦戦するかもしれません。
そんな方は、「最低ベット額」をテーブル選びの目安にしましょう。
最低、最高ベット額は、ライブカジノロビー画面にて表示されているテーブル一覧の左上黄色い数字にて確認できます。

いろんな種類のテーブルを試したい方→$5以下の最低ベット額のテーブルがおすすめ!
最低ベット額が$1のテーブルもあるので、まずは少ない賭け金額から自分に合う種類やゲーム内容のテーブルを発見してみましょう。

経験十分!大勝負をしたい方→$50や$100の最低ベット額のテーブルがおすすめ!
小さな賭け額でプレイするのもいいですが、ベット額が小さいと勝利したときの配当も少なめ。
大勝負を希望する方は、運がついてる日に、最低ベット額高めのテーブルで高配当を狙ってみましょう。

テーブル一覧にあるブラックジャックは、テーブルごとにゲーム名が異なりますが、基本ルールは同じです。
しかし、ユニークなルールが適用され、基本ルールと少し異なることもあり!
必ずテーブル選びの際には、ゲームルールをゲーム内の「?」より確認しましょう。

テーブルを選んだら、開いている席をクリックして、ゲームスタート!
※満席と表示されているテーブルでは、プレイできませんが、テーブルをクリックし、ゲーム見学は可能です。

  • ブラックジャックの流れ 2 : ベット額の決定

ブラックジャックゲーム2

ゲームがスタートしたら、まずは、ベットしましょう。

ライブカジノの場合には、ベット時間が「賭けてください」と表示され、画面上にチップが表れます。
ベット時間内に希望額のチップを選択し、自分の席にあるベットスポットをクリックし、ベット完了です。

  • ベットについてのミニ情報①
    ベット時間内であれば、チップの一覧の横にある「元に戻る」をクリックすると、チップを元に戻せます。
    間違えたチップを選択した場合には、すばやくこのボタンをクリック♪

  • ベットについてのミニ情報②
    $6のようなチップにないベット額を賭けるには、「$5チップ+$1チップ」のように他のチップを重ねて賭けます。

  • ブラックジャックの流れ 3 :最初のカード 2枚の配布

ブラックジャックゲーム3

ディーラーによって、プレイヤー(自分)とディーラーに、最初のカードが 2枚ずつ下記のように配られます。

  • プレイヤー:2枚のアップカードにて配られる
  • ディーラー:初めの1枚はアップカード、2枚目はホールカードにて配られる
  • ブラックジャックの流れ 4 : 「ヒット」か「スタンド」の選択(プレイヤーサイド)

ブラックジャックゲーム4

ゲーム画面右側の席にいるプレイヤーから順に、「ヒット」または「スタンド」のアクションを選びます。

→「ヒット」を選択:ディーラーによって、1枚の追加カードがアップカードにて配られます。
→「スタンド」を選択:追加カードは配られず、ハンドはそのままでゲームが進行します。

※注意※
ハンドの合計値がバーストの場合、バーストとなった時点で即負け確定となります。

  • ブラックジャックの流れ 5 : 「ヒット」か「スタンド」の選択(ディーラーサイド)

ブラックジャックゲーム5

プレイヤーサイドでのアクション選択後は、ディーラーのホールカードがアップカードとなります。
そして、ディーラーが「ヒット」または「スタンド」のアクションを選びます。

ここで覚えていてほしいことが、ディーラーの場合、ハンドの合計値が・・・
→「16以下」の場合:「17以上」の合計値となるまでヒットし続けます。
→「17以上」の場合:つねにスタンドします。
※ソフトハンド17(Aを11でカウント)のルールを採用しているゲームの場合、ヒットします。

  • ブラックジャックの流れ 6:ハンドと勝者の発表
ブラックジャックゲーム6

ディーラーサイドでのアクション選択後は、両者のハンドの合計値が発表されます。
21(ブラックジャック)に近いハンドを作成した勝者が表示され、勝利金が加算されます。

勝利金の配当は以下のとおりです。
通常通り21に近いハンドにて勝利→1:1
ナチュラルブラックジャックでの勝利→3:2(2.5倍)

また、負けの場合には、全ベット額は没収されます。

ブラックジャックの戦略を学ぶ

ブラックジャックの遊び方編2♤戦略を学ぼう

ブラックジャックの遊び方の流れを覚えたら、勝利につながるベストなアクションを判断する戦略を学んでいきましょう。

ブラックジャックを少しプレイしたことがある方は、他のプレイヤーがどのようにアクションを選択しているのか疑問に思ったことがあると思います。
ランダムに配られるカードを予想して、勝率のあるアクションをするのは難しいですよね。

でも実は、ブラックジャックのベテランプレイヤーは、この場面にはこれ!という戦略を使って、ベストなアクションを判断しているんです。
迷いのないアクションの秘密は、戦略にあり!

長い歴史の中で生まれた戦略は数知れず、今回はおぼえやすい基本と応用を1つずつ解説します。

ブラックジャックの実践的遊び方編♤覚えておくべき基本の戦略「17」

ブラックジャックのルールやゲームの流れで頭がパンパンという方は、まずはこれだけ覚えておいてください。
ライブカジノの場合には、特にアクションの時間制限があるので、基本の戦略はとても役立ちます。

基本の見極めポイントは、合計値「17」です。
「ヒット」または「スタンド」を選択する場面にて、プレイヤー(自分)のハンドが「17」より上か下かで下記のように選択します。

ハンドの合計値が「17以上」→スタンド

ハンドの合計値が「17以下」→ヒット

この判断でのハンドの勝率が100%というわけではないので、ヒットしたカードにて小さい数字が出ると予想し、勝負してもかまいません。
しかし、ハンドの合計値がすでに「17以上」の場合、バーストとなる可能性が高いので、上記のとおりスタンドを選ぶことをおすすめします!

次は、応用編ですが、まずはここまでを実践でプレイしながら学びたいという方、またはこれ以上覚えられないという方は、スキップしてOK!
しかし、応用の戦略も役に立つので、少しブラックジャックに慣れたら、読み返してみてくださいね♪

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!

ブラックジャックの実践的遊び方編♤役立つ応用の戦略「スプリット」の基準

ブラックジャックの経験者やベテランの方は、ベーシックストラテジー(Basic Strategy)をベースに戦略を立てています。

そこで、基本用語リストで登場した「スプリット」についての戦略についてサクッとご紹介します。
詳しくは、今後書く予定のブラックジャックの必勝法をチェックしてくださいね。

特別ルール「スプリット」が適用されるゲームの場合には、下記のようにスプリットの条件となる2つの同じ数字またはアルファベットのハンドが配られ、判断に困るシーンがあるかもしれません。

ブラックジャックの実践的遊び方1
ブラックジャックの実践的遊び方2

そんな時は、この戦略の見極め方法が役に立ちます。
スプリット可能な2枚のカードが配られたら、見極めるポイント&アクションは下記のとおりです!

  • エース(A)のペア
    「エース」のペアの場合、つねにスプリットを選択します。
  • K・Q・J・10のペア
    10とK・Q・Jのペアの場合、つねにスプリットは選択しません。
    ※K・Q・Jのカードは、すべて「10」とカウントしますが、同じアルファベットや数字のカードのみスプリットの対象となります。
    例:Q(10)とJ(10)は同じカードではないため、スプリット不可。
  • 9のペア
    「9」のペアの場合、「2~9(7は除外)」がディーラーのアップカードであれば、スプリットを選択します。
    なお、上記以外の数字の場合には、スタンドを選択します。
  • 8のペア
    「8」のペアの場合、つねにスプリットを選択します。
  • 7のペア
    「7」のペアの場合、「2~7」がディーラーのアップカードであれば、スプリットを選択します。
    なお、上記以外の数字の場合には、スタンドを選択します。
  • 6のペア
    「6」のペアの場合、「2~7」がディーラーのアップカードであれば、スプリットを選択します。
    なお、上記以外の数字の場合には、ヒットを選択します。
  • 5 のペア
    「5」のペアの場合、「2~9」がディーラーのアップカードであれば、ダブルダウンを選択します。
    なお、上記以外の数字の場合には、ヒットを選択します。
    ※基本用語にてダブルダウンについては説明しています。
  • 4のペア
    「4」のペアの場合には、「5、6」がディーラーのアップカードであれば、スプリットを選択します。
    なお、上記以外の数字の場合には、ヒットを選択します。
  • 3 のペア
    「3」のペアの場合には、「2~7」がディーラーのアップカードであれば、スプリットを選択します。
    なお、上記以外の数字の場合には、ヒットを選択します。

  • 2 のペア
    「2」のペアの場合には、「2~7」がディーラーのアップカードであれば、スプリットを選択します。
    なお、上記以外の数字の場合には、ヒットを選択します。

ブラックジャックルール講座の全講座が終わりました。
ルールや遊び方はばっちり頭に入りましたか?
学んだことを確認しながら、ベラジョンにていざ実践プレイ!

ブラックジャックルール講座の実践は、ベラジョンで決まり!

ベラジョンでは、種類豊富なブラックジャックゲームをプレイできます。
ベラジョンカジノのブラックジャックは、ライブカジノとノンライブカジノ(ビデオゲーム)と大きく2種類に分けられます。

ここからは、2種類の特徴や推しポイントを説明していきます。
まずは、自分のスタイルに合う方を選び、お気に入りのゲームを見つけて、ブラックジャックの心理戦を楽しんぢゃいましょう!

ノンライブ・ブラックジャックの推しポイントは?

ブラックジャックをノンライブカジノでプレイする推しポイントは、自分のスピードでプレイできるところ!

ノンライブカジノは、ライブカジノのような対ディーラーのゲームではなく、対ソフトウェアのゲームとなります。
そのため、ベット時間の制限がなく、ベットの金額の決定や、アクションの選択に時間をかけることができます。
今回覚えたルールや遊び方を確認しながらプレイしたい方、少し考えながら基本の戦略の感覚をつかみたい方、おすすめ♪

そして、推しポイントがもうひとつ!
なんと、デモ(無料)プレイが、アカウント登録なしでできちゃいます。

ブラックジャックをプレイするなら、ノンライブカジノで決まり!

ビデオブラックジャック一覧

ゲーム一覧よりお気に入りのゲームを見つけて、早速プレイスタート!

  • ノンライブカジノのおすすめは、「original Blackjack(オリジナル・ブラックジャック)」
    おすすめポイントは、とにかく基本を学ぶのに最適なこと。
    初心者の方は、ぜひこのシンプルなブラックジャックでルールや遊び方を実践してみましょう。
    また、最低賭け額が$1と低いので、リアルマネーでのブラックジャックを狙った大勝負の前のウォーㇺアップにもうってつけです!
オリジナルブラックジャック

ライブカジノ・ブラックジャックの推しポイントは?

ブラックジャックをライブカジノでプレイする推しポイントは、もちろん本場さながらの臨場感!

ライブカジノでは、本物のディーラーとライブ配信に勝負が行われ、ブラックジャックの醍醐味の一つであるスリル満点の心理戦を味わえます。
ライブチャットも搭載されており、プレイヤー同士やディーラーと会話もできるので、ぜひ心理戦に活用してみましょう。

ノンライブカジノと違い、他のプレイヤーがいる緊張感や、ベットの制限時間があることなど、初心者の方にとってはハードル高めかもしれません。
また、ライブカジノには、デモモードがないため、初心者の方は、しっかりノンライブカジノにて練習し、ライブカジノへチャレンジすることをおすすめします。

ブラックジャックのスリル感をライブカジノで味わいたいと思った方は、いますぐアカウント登録をクリック!

アカウント登録

ベラジョンライブカジノは、アカウント登録、入金後にプレイできます。
登録をサクッと済ませちゃって、ドキドキのライブカジノの世界でプレイスタート!

  • ライブカジノのおすすめは、「Infinite Blackjack(インフィニット ブラックジャック)」
    おすすめポイントは、変わり種のサイドベット。
    もう普通のブラックジャックに飽きた方や、基本はわかったので少しユニークなブラックジャックをプレイしてみたいと思った方は、ぜひトライしてみてください!
    最低ベット額が低く、同時プレイの人数制限がないので、待ち時間なく気軽にプレイできますよ♪
インフィニットブラックジャック

もちろんノンライブカジノとライブカジノをどっちもプレイしてみて決めても、決めきれなくても問題なし!(笑)
どのゲームでプレイしても、きっとブラックジャックの魅力の虜になっちゃいます。
さあ、海のように奥が深~いブラックジャック魅力を体験しにいきましょう。

当サイトから登録すると限定$30ドルボーナスがもらえる!!